読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spangled shalalala blog

諦めたらそこで試合終了だよ。

プログラミング初心者がコードを書く前に読みたい3冊

最近プログラミング教育の必要性が高まってきているように感じます。

それはDeNAの南場さんが九州の公立学校でプログラミングの授業を行っていたり、海外だとCodecademyのようなプログラミング教育のWebサービスの価値が高まっていたり、日本でも動揺のProgateなどのサービスが生まれたりと、これから先の時代はプログラミングができないとやっていけないんじゃないかと思うような時代になってきたと思います。

まあ、プログラミングができるできないというよりはプログラミング的な思考が必要になるという意味ですが。

 

というわけで、プログラミングを始めたいと思っている人でまずはプログラミングというものがどういうものなのか興味を持っている人に読んでもらいたい本をご紹介したいと思います。

 

教養としてのプログラミング

教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)
アイディアを実現させる最高のツール プログラミングをはじめよう
池澤 あやか
大和書房
売り上げランキング: 28,321
職場にこんな美人のエンジニアさんがいたら…というのはどうでもいいですね。
内容はプログラミングというのは難しいと思ってしまいがちだけど、実はものすごく面白いことで素敵なことだという事を感じさせてくれる本です。
こちらの本もプログラミング未経験の人でも読みやすい文体、体裁なので抵抗なくスラスラと読むことができます。

子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい

子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい