spangled shalalala blog

諦めたらそこで試合終了だよ。

ATM利用は年1回だけ。平凡サラリーマンが実践するwithコロナ時代のキャッシュレス生活。

去年から意識的に心がけてきたことのひとつとして、「なるべく現金を使わない」ということがあります。

理由としては、入ってくるお金と出ていくお金の管理を正確にし、家計を改善したいと思ったためです。

奇しくもタイミングとしてはコロナが本格的に流行る前から取り組み始めたキャッシュレス化ですが、コロナが流行り始めたことで同様に人の手を渡ってやりとりする現金払いに抵抗を持ち始めた人もいるのではないでしょうか。

そんな取り組みを1年ほど続けてみて、実際私がATMで現金を下ろしたのは去年1年間で1度です。

まず、私のスペックですが

  • 30代前半 独身男性
  • 年収は年齢の平均年収をググって出てくる値に近い
  • 貯金も年齢の兵器貯蓄額をググって出てくる値に近い
  • これまで現金を使っていたがキャッシュレス化に挑戦
  • 趣味は映画や音楽鑑賞といったインドア派

といった具合です。私と同じような方は参考になるといいかな。

私がキャッシュレス生活を続けてみて思ったことや、どういうキャッシュレス化をしたのかを、キャッシュレスに興味はあるけど、まだどうやっていいかわからないという人に対して何かしらの参考になればと思い、この記事を書くことにしました。

f:id:brokenspeaker888:20210124202038p:plain
money_bag

キャッシュレスで家計簿の管理

私はキャッシュレスにすることで家計簿の管理を正確にすることができるようになりました。 なぜかというと、マネーフォワードを使い、自分が使っている銀行、クレカ、決済アプリを連携させているためです。

銀行、クレカ、決済アプリを連携させマネーフォワードにデータを集約させているので、給与がいくら入り、何にどれくらいのお金を使っているのかが可視化できるようになりました。

たとえば、「今月は飲み会に使いすぎたな...」、「今月は無駄遣いせずにお金が余ったから自己投資に回そう」などといったことが正確にわかるようになりました。

現金を使っている場合はいちいち支払いのあとにアプリに登録したり、あとからレシートをまとめて登録したりすることになります。 しかし、キャッシュレスにすることでマネーフォワードのアプリで同期するボタンを押すだけで明細が登録されるので正確にデータをあつめることができます。

いちいちデータを登録する場合は、金額の打ち間違いなどで支払いを正確に管理できなかったり、登録する手間がストレスで登録がめんどくさくなったりすることが考えられます。

キャッシュレスにすることでそのような手間や煩わしさを排除して、正確に家計簿を管理できるようになるのでかなりオススメです。

僕は家計簿アプリにマネーフォワードを使っていますがMoney TreeやZaimといった家計簿アプリでも同様の機能はあると思うので、色々使ってみて自分に合ったものを使うといいと思います。

使っているクレカについて

まず、キャッシュレス化の第一歩としてはクレカがあると思います。
実際私もキャッシュレスで一番使っているのはクレカです。

クレカを選ぶポイントとしては付帯特典やポイント還元などがあると思います。

クレカで受け取ったポイントの使いみちとして一番効率がいいのはマイルへの交換だと思います。実際マイルへ交換することで1ポイント≒1円くらいの還元率だったものが1ポイント≒3〜8円くらいの還元になると思います。

旅行が趣味などの人はそういったマイルへの還元率が良いものを選ぶといいかと思います。

私は、特に旅行などの趣味も無いので(また、新型コロナの流行もあって旅行もなかなか厳しいと思うので...)ポイント還元で日常生活が便利になるようなクレカを選んで使っています。

私は年会費が無料〜1万円程度のクレカを数枚使用しています。
年収が高かったり旅行が趣味の方は私が使っているよりもグレードの高い、優待が色々と付いたカードを選ぶ選択肢もあるかと思います。

なかでも、LINEクレカと楽天プレミアムカーをメインで使っています。

LINEクレカはポイント還元が2021年4月末まで3%、年1回以上の使用で年会費無料なので現在のメインカードとなっています。 LINEクレカでポイントを貯めまくってLINEのポイントステージをプラチナまで上げることでLINE Payでの支払い時も3%まで上げることができます。 LINEポイントのステージを上げることでLINE Payでの支払いでも3%還元を受けることができるので、いちいちカードを出すこともなくスマホのみで決済し、ポイント3%を確保できるのでかなり気に入って使っています。 LINEクレカで還元されたポイントはLINE証券で投資に使うこともできる点も気に入っています。

楽天プレミアムカードは楽天市場での買い物がSPU(スーパーポイントアップ) +4倍になるのでよく使っています。
楽天市場での買い物だけでなく、楽天証券でのクレカ払いでの投資信託の積立もできるので利用しています。
SPUで還元されるポイントは主に期間限定ポイントなので、後述の楽天Payを使用してコンビニや飲食店での日常使いをメインとしてポイントを消費しています。

旅行が趣味の方であれば、SPGアメックスやANAカード、JALカードなど優待特典が優れたカードやマイルへ特化したカードなどもあるのでそれらを使うと良いと思います。そういった趣味がない人は日常使いできるポイント還元をメインにカードを選んでみるとよいのではないでしょうか。

使っているコード決済アプリ

キャッシュレスに欠かせない存在となってきたコード決済アプリ。 私は主に、LINE Pay、楽天Payを使い、友人らからの送金があって残高があるときやキャンペーンが行われているときのみPayPayを使用しています。

LINE Pay、楽天Payを主に使っている理由としてはクレカもLINEクレカと楽天プレミアムカードを使用しているからです。 LINEと楽天のポイント還元を受けているのでこの2つのアプリをメインとして使用しています。

PayPayはマネーフォワードと連携ができないので、私はあまり積極的に使っていません。時々、大きな還元キャンペーンがあるのでそういったタイミングで利用することはあります。

主に現金を使った場面

ここまでキャッシュレス化を目指してまとめてみたのですが、現金を使った場面も少なからずあります。

私は赤ちょうちんの店でせんべろをすることが好きなのですが、そういったお店ではまずキャッシュレスは使えません。 ときたまPayPayが使えたりするのですが、ほとんどのお店は現金ですね...

あと、現金のみが多いのはラーメン屋さんでしょうか。時々、PayPayが使えるラーメン屋さんだったりするとかなりテンションが上ります。

あとはランチ時などで現金のみのお店にあたってしまったときは仕方なく財布から現金を出して払います。でも、そういうお店は一度行ったら後は行かないですね...

キャッシュレス化1年の総括

上記のようにキャッシュレスにしてみて、現金を使わずに困ったことはなく、むしろポイント還元や家計の管理が正確にできるようになったメリットのほうが大きいと思います。

還元されたポイントを利用して日常品を買ったり、食事に使えたりするので現金を使っていた頃よりもお得に生活できている実感ができ今後もキャッシュレス生活を続けていこうと思います!

「小さなモンスター」アードベッグ・ウィー・ビースティー5年を開封レビュー!

f:id:brokenspeaker888:20200731212006j:plain

先日、酒屋に行ったところ7月14日に発売したばかりアードベッグの新作で、めったに見かけないアードベッグ・ウィー・ビースティー5年」があったので即購入!

さっそく飲んでみたので香りや味、アードベッグ・ウィー・ビースティー5年についてレビューしたいと思います!

わたくしごとですが、アードベッグを買うのはこれが初めてだったりします←

 

アードベッグ・ウィー・ビースティー公式サイトはこちら

 http://www.ardbegjapan.com/weebeastie/ 

 

アードベッグ・ウィー・ビースティーの価格について

ネットなどではどこも価格が高騰してしまっていますが、こちらは4,928円で買うことができました。

公式での希望小売価格は5,610円(税込)なのでそれよりも安く購入できたのでかなりラッキーだったのかと思います。

 

アードベッグ・ウィー・ビースティーについて

公式のボトルの説明はこちら。

f:id:brokenspeaker888:20200731212040j:plain

「ウィー・ビースティー」はスコットランドの言葉で、小さいながらも強烈なインパクトがあり、手の付けられないリトルモンスターの意味を持ちます。そして、その熟成年数の若さを武器に、スモーキーさの際立つアイラ・モルトに仕上がりました。グラスに注いだ瞬間から、砕いた黒胡椒の強いスパイシーさと樹液たっぷりの松脂の香り、そして強烈な煙の香りを感じます。口に含むと、チョコレート、クレオソート、タールの風味が爆発し、滋味あふれる肉や潮の風味が余韻として長く残ります。アードベッグが挑んだリトルモンスター。5年熟成のスモーキーさをぜひストレートで味わってみてください。 

 容量は700ml、アルコール度数は47.4度、熟成年数は5年と若く、熟成樽はバーボン樽とオロロソシェリー樽のバッティングとのことです!

 

この赤いリトルモンスターの爪痕がどれだけ凶暴なのか、飲むのが楽しみ。

爪痕は浮き出ているようなプリントになっていてアードベッグ蒸留所のラベルへのこだわりを感じます。

f:id:brokenspeaker888:20200731212056j:plain

 

それでは、「ストレート」、「加水」、「ハイボールにして飲んでいってみようと思います! 

アードベッグ・ウィー・ビースティーをストレートで飲む

まずは、ストレートでいただきます。

f:id:brokenspeaker888:20200731212527j:plain

色はそんなに濃くはないですが透き通った黄金色といった感じ。

f:id:brokenspeaker888:20200731212615j:plain

ウィービースティーの香りのは、しっかりとスモーキーなピートの香りがありながら柑橘系のようなライトな香りです。

オフィシャルのPRにあるような暴力的なスモーキーさがぐっと来るのかと思いきや、アードベッグらしいと言われているフレッシュなレモンや洋梨、ハーブ系のような爽やかな香りも感じられました。

味わいのほうは、シェリー樽由来のダークチョコレートのような甘さが広がり、その後にスモーキーな感じ、黒胡椒や燻製香がぐーっと広がっていきます。

シェリー樽の感じはそこまで強くはないのですが、スモーキーさとのバランスがいい具合に混じり合っているおかげでとても味わいが深いように感じました!

 

アードベッグ・ウィー・ビースティー加水して飲む

つづいて、さきほどのストレートに少し加水して飲んでみます。

加水してみると一気に香りが開きますねー。ストレートのときのフレッシュなハーブの香りが上がりました。

そして、その奥からスモーキーかつピーティーな感じが追いかけてきます。

飲んでみると口の中にフレッシュかつピーティーな香りが広がり、これは病みつきになりそうです!

甘さもありながら、オフィシャルの説明にもあるようなオイリーな松脂やスパイシーな黒胡椒の感じがぐっと広がるのでとても味わい深いです!

暴力的なスモーキーさを期待していたらハーブやダークチョコレートのような鼻通りの良さや甘さも味わえるのでとても面白い味わいを楽しむことができますので、個人的にはこれはかなりおすすめの飲み方ですね🥃

 

アードベッグ・ウィー・ビースティーハイボールで飲む

最後に、アードベッグウィービースティーハイボールでいただきます。

f:id:brokenspeaker888:20200731213712j:plain

ハイボールにすると、炭酸でウィー・ビースティーの複雑な味わいの香りが一気に花開くような感じかつ、ソーダの爽やかさもありピーティーかつ爽やかな香り。

飲むとソーダの爽快感もありながら、アルコール度数47.4度と高めのアルコール度数なので割負けしない力強さを感じることができます。

しっかりとしたスモーキーフレーバーに、ソーダアードベッグらしい柑橘系の爽やかさが相まってとても美味しい1杯を味わえました。

 

アードベッグ・ウィー・ビースティー総評

初めてのアードベッグだったのですが、噂通りの美味しさでした!

こちらのウィー・ビースティーはもともとアイラウイスキーのファンの方だけでなく、シェリー樽由来の甘さもあるので私のように初めてアードベッグを飲むというアードベッグ入門編としてとても良いのではないかと思いました!

発売されたばかりなのに全然酒屋さんでみることがないアードベッグ・ウィー・ビースティーですが、こちらは今後レギュラーラインナップになるとのことなのでいずれは供給も落ち着いてくると予想されます。

今年はコロナの影響があって入荷が遅れている(?)との話もちらほらと聞こえて来ることも...

このアードベッグ・ウィービースティーがとても味わい深い1本だったのでこのさきアードベッグ10年TENアードベッグ・アン・オーアードベッグ・ウーガダールアードベッグ・コリーヴレッガンと他のレギュラーラインナップもボトルを揃えてみたいですね!

甘さや爽やかさ、ピート感などが相まった複雑な味わいが面白い1杯だったので今後も定期的に買いたいボトルだなと思いました!

1000円台で買えるウイスキー「カティサーク」でキンキンのハイボールを作る

f:id:brokenspeaker888:20200705200036j:plain

最近は季節的にも暑い日が出てきて、なんだか爽やかな冷たいもので喉を潤したいな〜、と思うことが増えてきました。

そこで、個人的にこの夏飲みたいお酒はやはり最近ウイスキーにハマっていることもありハイボールだな!ということで、個人的にこの夏飲みたいハイボールをご紹介したいと思います!

まずは、冷凍庫でキンキンにウイスキーを冷やしておきます。
今回、冷凍庫に入れておいたウイスキーカティサークになります。

価格はスーパーなどでは1000円ほどで、アルコール度数は40%となります。

f:id:brokenspeaker888:20200705200037j:plain

キンキンに冷えていてこれだけで美味しそう☺️

こちらのカティサークはブレンデッドスコッチウイスキーで、キーモルトグレンロセス」「マッカラン」「ブナハーブン」「タムドゥー」「ハイランドパーク」となっております。

グレンロセスは日本のウイスキーの父と言われている竹鶴政孝さんのスコットランド留学で訪れた先としても知られておりますね!

これらのモルトウイスキーをベースに他にもグレーンウイスキーなどを配合し、完成したのがこちらのカティサークとなっております。

テイスティングのほうは、軽やかな飲み口で華やかな味わいが楽しめるウイスキーなのかなと思います☺️

少しアルコールの刺激が感じられますが、そこはハイボールや水割りで飲むと和らぐので個人的にはストレートよりはハイボールや水割りで飲む飲み方のほうが合ってるかなと思います🥃

 

まずは、グラスに氷を入れマドラーでかき混ぜてグラス全体を冷やします。

f:id:brokenspeaker888:20200705200208j:plain

かき混ぜて終えると、グラスの底に溶けた氷の水が溜まっているかと思います。この水はウイスキーが薄まってしまうので捨てておきます。

f:id:brokenspeaker888:20200705200221j:plain

(写真だとわかりにくいですが、少し水が底に溜まっています)

 

次に、グラスにウイスキーを注いでいきます。

ウイスキーの量は大体シングルでいきます。シングルは30mlですね。ジガーやメジャーカップで計って入れると正確ですが、宅飲みなのでざっくり入れてしまいますw

大体ツーフィンガー、指2本分くらいの量で入れていきます。

f:id:brokenspeaker888:20200705200256j:plain

(入れすぎたな...w)

続いて、ウイスキーを入れたらマドラーで氷をぐるぐると回してウイスキーを冷やします。そもそも冷凍庫でキンキンに冷やしてありますが氷とウイスキーの温度をなじませるためにかき混ぜておきます。

 

ウイスキーを氷で冷やしたら、炭酸水を注いでいきます。

f:id:brokenspeaker888:20200705200349j:plain

このとき、炭酸水を氷に直接当てないように気をつけて注ぎます。グラスと氷の間を狙って、ウイスキーに直接当てるように注ぐと最高かと思います!

氷に炭酸水が当たってしまうと炭酸が抜けてしまうので気をつけて注いでいきましょう。

 

最後に、マドラーで軽く氷を持ち上げて落とすようにタテに1回転かき混ぜて完成です。このとき、かき混ぜ過ぎてしまうと炭酸が抜けてしまうので気をつけていきましょう。

f:id:brokenspeaker888:20200705200416j:plain

これでキンキンのハイボールが完成です。

暑い夏にぴったりな軽やかな飲み口で、カティサークの飲みやすさもありのどごしが良くグビグビと飲める1杯じゃないかなと思いました!

暑い夏にはぜひ飲んでみていただきたい1杯だと思います!