spangled shalalala blog

諦めたらそこで試合終了だよ。

給料日なのでFintech本を買った

今日は給料日だったので仕事帰りに渋谷の丸善ジュンク堂書店へ。 仕事にも関係のあるFintechの本を2冊ほど購入。

買った本はこちら。

決済インフラ入門

おカネの仕組みから最近盛り上がっている決済サービスまでをわかりやすく解説した本。 なぜ最近決済サービスが盛り上がっているのかを知るには良いと思い購入。

決済インフラ入門
決済インフラ入門
posted with amazlet at 17.09.25
宿輪 純一
東洋経済新報社
売り上げランキング: 27,578

Fintech大全

世界20カ国85人の成功しているFintech関係者が書いた本。 原著が2年前に発行されたものということで、流れの早い業界としては古い情報になるかもしれないのが懸念ですが概要をつかむにはいいかもしれない。 分量がかなりあるので電子書籍で買ったほうが正解だったかもしれない……

FinTech大全 今、世界で起きている金融革命
スザンヌ・キシュティ ヤノシュ・バーベリス
日経BP
売り上げランキング: 46,255

こちらの本を読んだ次はブロックチェーン周りの本に手を出していきたい。 それと平行してプログラミングについての本も読み進めていきたい。

さくらVPSにインストールしたUbuntu 16.04へrbenvでRubyの開発環境を整える

Ubuntu 16.04での環境構築を引続き。

前回までのあらすじは以下のとおり

前提

  • OS: Ubuntu 16.04
  • さくらVPS 1Gプランを使用してSSH接続
  • gitインストール済
  • rubyのインストールはrbenvを使用して行う

参考資料

インストール手順

#rbenvをgit clone
$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

#.bashrcへpatthを追加
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> .bashrc
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

#再度rubyをインストール
$ rbenv install 2.3.3

#エラーが発生...
#/tmp/ruby-build.20170906234728.2856 ~
#perl: warning: Setting locale failed.
#perl: warning: Please check that your locale settings:
#        LANGUAGE = (unset),
#        LC_ALL = (unset),
#        LC_CTYPE = "ja_JP.UTF-8",
#        LANG = "ja_JP.UTF-8"
#    are supported and installed on your system.
#perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").
#/tmp/ruby-build.20170906234728.2856/ruby-2.3.3 /tmp/ruby-build.20170906234728.2856 ~
#checking for ruby... false
#checking build system type... x86_64-pc-linux-gnu
#checking host system type... x86_64-pc-linux-gnu
#checking target system type... x86_64-pc-linux-gnu
#checking for gcc... no
#checking for cc... no
#checking for cl.exe... no
#configure: error: in `/tmp/ruby-build.20170906234728.2856/ruby-2.3.3':
#configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
#See `config.log' for more details

#必要そうなパッケージを準備
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install git-core curl zlib1g-dev build-essential libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libsqlite3-dev sqlite3 libpq-dev libxml2-dev libxslt1-dev libcurl4-openssl-dev python-software-properties libffi-dev

#再度rubyをインストール
$ rbenv install 2.3.3
$ rbenv rehash
$ rbenv global 2.3.3

#バージョン確認ができればrubyの設定OK
$ ruby -v
ruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859) [x86_64-linux]

#bundlerのインストール
$ gem install bundler

ubuntuのapt-getで最新版のgitをインストールする方法

前エントリにてUbuntuの初期設定を終えた。
初期設定についてはこちら→さくらVPS1GプランにUbuntu16.04でサーバーを構築した備忘録

次にgitをインストールしたところ公式リポジトリのgitはバージョンが古かった。
先日こんな脆弱性もあったので最新版を入れるための手順は以下の通り。

gitのインストール

まずは公式リポジトリからgitをインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install git
$ git --version
  git version 2.7.4

このバージョンは脆弱性に対応できていないので、非公式リポジトリから最新版を取得するようにする。 非公式リポジトリを追加する

$ sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
  add-apt-repository: command not found

add-apt-repository コマンドが無いようなので先にそちらをインストールする

# add-apt-repositoryのインストール
# apt-fileはaptパッケージを探すためのユーティリティ
$ sudo apt-get install apt-file
$ sudo apt-file update
$ sudo apt-file search add-apt-repository
----
  perl: warning: Setting locale failed.
  perl: warning: Please check that your locale settings:
        LANGUAGE = "en_US:en",
        LC_ALL = (unset),
        LC_CTYPE = "ja_JP.UTF-8",
        LANG = "ja_JP.UTF-8"
    are supported and installed on your system.
  perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").
  software-properties-common: /usr/bin/add-apt-repository
  software-properties-common: /usr/share/man/man1/add-apt-repository.1.gz

$ sudo apt-get install software-properties-common

これで add-apt-repository コマンドが使えるようになった。 あとは非公式リポジトリを追加してgitをインストールする。

#非公式リポジトリの追加
$ sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
#gitのインストール
$ sudo apt-get install git

$ git --version
  git version 2.14.1

これで脆弱性に対応したgitをインストールすることができた。 公式リポジトリのバージョンはなんで最新版に対応してないんだろう…