spangled shalalala blog

諦めたらそこで試合終了だよ。

SHOWROOM社長前田裕二著「人生の勝算」を読んだ

ライブ配信サービス「SHOWROOM」の社長を務める前田裕二さんの著書「人生の勝算」を読んだ。
買ったまま積読していたのだけれど、最近某有名女優との沖縄旅行が報道されていたので気になって読み始めたら面白くて一気に読み終えてしまった。 前田さんの苦難の人生やそれを乗り越えるための圧倒的な努力、またビジネス的な観点も興味深く読んでいて勉強になった。

人生の勝算 (NewsPicks Book)
幻冬舎 (2017-06-29)
売り上げランキング: 4

この本で伝えたい3つのこと

本書のプロローグで、この本で伝えたい3つのことが述べられている。それは、

  1. 絆の大切さ
  2. 努力の大切さ
  3. 「コンパス」を持つことの大切さ

絆の大切さ

絆の大切さ、では例として街のスナックやアイドルなどが持つ「コミュニティの強さ」を説明されていてこれからのビジネスではコミュニティ形成が欠かせないキーワードとなると考えている話だった。 コミュニティは現代人が価値を感じる要素が詰まっていて、成功には先天的な要素は関係無く後天的な努力の絶対量で成果がでるとのこと。

努力の大切さ

この本では前田さんの圧倒的な努力が書かれている。
例えば、証券会社に勤めていたときの話では働き方改革が謳われる現在では必ずしも良いとは言えないかもしれないが、朝の5時には会社に行き、その後夜中遅くまでとにかく働いていたという。
そのおかげで2年目ではニューヨークに転勤することができ、そこでも同様に働くことでトップの成績を出すことができたという。
また、宇田川さんという尊敬する先輩を持ち、その先輩みたいになりたいと思ったあとは喋り方や仕草、ノートのとり方、文具まで完コピしたという徹底っぷり。

就活のときも自己内省のために自分の考えをまとめた自己分析のノートを30冊は書いたという。また、グループ面接を突破しないと自分の話を聞いてもらえないということから何度も友達とグループディスカッションの練習をし、グループ面談はほぼ負けなしという結果だったそうだ。

人生のコンパスを持つ

この本ではコンパスを持つ、すなわち自分の譲れない信念、価値観を持つことが大切だと語られている。
不幸なのは自分のコンパスを持たぬがゆえに、隣の芝生が青く見えてしまうことだと書かれている。

世の中の課題は、大体モチベーションで解決できると思っています。

本書では、このモチベーションを保つために人生のコンパス(価値観)が必要であり、コンパスがあることで広い海での航海でも進む道を定めることができるということでした。
自分の進む道を失うと、途中で何をしているのかわからなくなりモチベーションが低下する。そうならないために、人生のコンパスが必要で、コンパスを見つけるためには徹底して自分と向き合い、人生をかけて何がやりたいのかを問うことが大切だと気付かされました。

天才エンジニア川崎修一

この本で少しテンションが上がったのがDeNAの開発トップの川崎さんが出てくる部分でした。
川崎さんがSHOWROOMを手伝っていたのは知っていたので出てきたときは「おおお!ついにきた!」という感じでテンションが上りましたw

正式リリース前のベータリリースのお祝いのときに、配信が止まるという大失態を起こしてしまったSHOWROOMを救ったのが当時DeNAのアメリカオフィスから帰ってきていた川崎さんなのだそうです。
どうやったらこの苦境を乗り越えられるか朝まで話し合いアドバイスをもらったおかげで正式リリースまでこぎつけることができたのだそうです。

川崎さんはDeNAの取締役を務めているにもかかわらず現場メンバーの一員として朝まで話し合うとは、技術的な部分だけでなくその人柄の部分でも素晴らしい人なのだと感じました。

ソーシャルネットワークの次に来るもの

人が日常的に使うデバイスが変遷する中で、その流れを上手くとらえらえられないソフトは廃れゆく。これはいつの時代も変わらぬ黄金則だと思います。

このような話が出ている。携帯電話がスマホにシフトしたとき、ソーシャルネットワークの体験が変わったのと同様にこれから先も同じようなデバイスの変化によって次の時代はライブストリーミングが来るという。
その流れの中で前田さんはSHOWROOMで「世界一」を取りたいと目標を掲げていた。日本一ではなく、世界一。

それは前田さん自身のコンパスがどこまで昇り詰めれるかを目指している点と、日本発のネットサービスがまだ世界で成功しない状況を打ち破りたいと考えているからだった。
SONYTOYOTAといった50年以上前の企業でなく、今の時代の企業として世界で負けない企業になることが夢とはものすごい。この本を読むと前田さんならできるんじゃないかな、なんて漠然と思えてしまう。

この本でSHOWROOMが目指す世界や、前田さんの生き方、考え方を知ることができた。
またビジネス的にも考えさせられる部分がありなかなかよかった。
本書にも出てくるDeNA南波さんの「不格好経営」を読んだときも思ったがこういった起業家は本当にがむしゃらに努力しているんだな、と。
自分もまずはできる努力、当たり前のことを当たり前にするということを大切にしていきたいと改めて考えさせられた。

人生の勝算 (NewsPicks Book)
幻冬舎 (2017-06-29)
売り上げランキング: 4

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」を読んだ

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」(三戸政和著)を読んだ。
表紙にホリエモンがいたからホリエモンの本かと思ったら買ったあとに別の人の本だと気づいたのは隠しておこう。。。w

タイトルの通り、サラリーマンに会社を買うことをおすすめする本で、サラリーマンが会社なんて買えるのかと疑問だったがどうやら会社は買えるし、これまでのサラリーマン生活で培った経験と専門知識を活かし、個人で中小企業をM&Aして会社を買い、普通のことを普通にするだけでそのメリットを享受できるという内容だった。

会社を買うことのメリット

本書の最初に会社を買うことのメリットが3点まとめられている。

1. 自分のキャリアを活かす
2. 資本家になることで、労働の対価では得られない金銭的メリットを享受する
3. 人生100年時代の老後不安から自由になる

今では日本の平均寿命は上がり、人生100年時代とまで言われている。60歳まで働き、その後まだ40年もある計算になる。
その残りの40年の中で会社の社長として働き、場合によってはその後売却した利益でリアイアするもよし、会長職として報酬を得るもよしで、会社を買うことによるメリットはあるようだ。

飲食店はやめておけ

リタイア後に飲食店の経営を志すのはなかなか厳しいという章があった。
これはすでに外食産業はレッドオーシャン化しており、トップを走る企業ですら全体の2%のシェアでしかないことなどをデータをもとに解説している。
また、独立してお店を開店するもなかなかうまく行かない人の話も実話として載っており教訓となる。
またFL比率をもとに飲食店のランチ営業の話も説明されており、飲食店の涙ぐましい努力がまとめられていた。

個人M&Aの時代

大企業のサラリーマンが社内教育で受けている教育を、個人M&Aしたあと社内を数値管理や教育投資を行うことで会社の効率化ができるという。
大企業は本書では「勝利のビジネスモデル」「勝利のマネジメント」があると言われている。それを身に着け、買収した会社で実践することで会社を改革できる。それはこれまでサラリーマンとして学んできた当たり前のことを当たり前に実行するだけだというのだ。
日本の中小企業は大企業とは違い多くの業務は属人化しており、また最新ではない手法を使っていたりする。それを大企業で得た内容に置き換えるだけで改革はできるということらしい。この点は以前、私がSIer時代に中小企業向けのパッケージソフトウェアを開発したときにも思ったことだ。たしかに、中小企業はかなり前時代的な管理をしているところが多い印象...

多くの企業は後継者を探している

日本の中小企業の多くは後継者を探しているのが現状らしい。
その数、まさに国内の中小企業の66.5%が後継者不在という結果が出ているらしい。
そうなると日本としても企業倒産によるGDPの減少や雇用問題につながるのでなんとかしなくては、というところなので法律の整備も進み始めており、より個人が会社を買えるようになってきているらしい。

このように、将来の老後不安が拭えない時代にサラリーマンの経験を活かして社長として仕事をするのはなかなか新しい考えだと思った。
起業を決めるよりも個人M&Aによって社長になる、そんな新しい働き方ができるということを知ることができたので今後の参考にしていきたい。

チームを変えたくて「カイゼン・ジャーニー」を読んだ。

最近チーム開発を行う上で、チームの運営やチームワークの強化についてなどを学びたくて「カイゼン・ジャーニー」を読んだのでメモ。

本書の構成について

この本は3部構成になっていて、主人公の江島がひとつずつ知見を得て成長していきながらアジャイル開発を実践していく。

それぞれの部構成は、

  • 1部:江島が転職を考えながら悶々とした日々を過ごすなかで勉強会で出会った現場を変える方法をまずは一人で実践していく。
  • 2部:自社サービスの開発を通してチームでのアジャイル開発について悩みながらも実践していく。
  • 3部:SIの請負案件に戻り、そのなかでアジャイルな開発を通して「越境するチームワーク」を身に着けていく。

以上の内容になっている。

物語を通して各章で開発のプラクティスを学べるのでわかりやすくページをめくる手が止まらなかった。

悩める現場の共通課題

この本を読んで興味深かったのは、主人公の江島が悩んでいることが今自分のチームにすっぽりと当てはまることだった。 きっと、システム開発の問題というのはうまく行っていないチーム、どの現場でも共通しているものなのだと考えさせられた。

その点で、この本で学べる知識はそのまま自分のチームで応用することができそうだった。 さっそく、自分のチームでも毎週末のふりかえりやKPTを行ってみたり、1on1が始まっている。

また、自分のチームはまだアジャイルスクラムまでは取り組めていないが、スプリントランニングやプロダクトバックログインセプションデッキ、Working Agreement、ファイブフィンガー、ドラッカー風エクササイズ、期待値マネジメント...etcそれらのプラクティスをストーリーの展開に合わせて網羅的に学べたので非常にわかりやすかった。

この本で出てくるプラクティスをすべていきなり実践するのは難しいと思うので、自分の現場に合うようにまずはふりかえりを始めとして徐々にチームをいい方向に変えていけたらと思う。

チーム開発やアジャイルに興味があるけれども、まだ何をしていいかわからないというエンジニアや、リーダー見習いのような人はこれを読んでみると学びがあるかもしれない。