読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spangled shalalala blog

諦めたらそこで試合終了だよ。

参加するプロジェクトが頻繁に変わることで技術が身につかない問題

普段、仕事では.NetでC#を書いているのですが今月からJavaを書くプロジェクトに投入された。

このことで思うのは、もう少し扱う技術を固定したいということ。

f:id:brokenspeaker888:20151020094831j:plain

エンタープライズSIerであれば色々な現場に行ってそこで開発するようなこともあると思う。会社によると思うが私の場合、入社して約2年経つがおよそ3ヶ月単位でプロジェクトが変わっている。これは会社のやりかたや上司のリソース計画によるものだと思う。

 

しかし、3ヶ月ごとに扱う技術が変わって得られるものは何なんだろう。

色々な技術に触れることができるという面もあると思うが、それ以前にこれから力が伸びていくというフェーズになるとそれが断たれて次の現場に行くことになる。

すごいエンジニアなら3ヶ月もあればキャッチアップして開発もどんどん進めていけることもあるだろう。しかし、残念ながら私はそのような優れたエンジニアというわけでは無いのでブレークスルーが来るまでは時間がかかる。

私のように技術の取得に時間がかかるようなタイプは、なるべくひとつのプロジェクトに長く携わったほうがいいのではないだろうか。

 最近では、このプロジェクトでJava頑張っても3ヶ月後には使わなくなるんだよな……なんてネガティブなことも思った。

愚痴っぽくなってしまったが、新入社員も入った季節なので上司となる人には今一度、足りないプロジェクトに人材投入するだけでなく部下の成長ロードマップを考えてみてアサインを決定してみてはどうでしょうか。