読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spangled shalalala blog

諦めたらそこで試合終了だよ。

ネットワーク初心者がまず知っておきたい階層モデルについてメモ

最近TCP/IPの入門本を読んでいるので初歩の初歩であるネットワークの階層構造についてメモしておきたいと思います。

f:id:brokenspeaker888:20151021002003j:plain

ネットワークとは

簡単にいえば複数のコンピュータをつなげて実現される通信のこと。今ブログを見ているインターネットもネットワークのひとつで、規模が大きい。スマホタブレット端末の通信もネットワークの一種

階層モデルとは

ネットワークを構成する仕組みのこと。ネットワークは4つの階層からなると考えることができる。

この階層のうち、サービスを提供するのがアプリケーション層で、ほかの3つは通信を担当することになる。

アプリケーション層

実際のサービスを提供する部分に当たる。通信に関しては他の層に任せることになる。

Webページ表示の場合、クライアントが見たいWebページのURLを送信し、サーバーがそのURLを受け取りHTMLファイルを送り返し、クライアント側でそのHTMLを解釈してWebページを表示するといった部分に該当する。

トランスポート層

アプリケーション層のプログラムから受け取ったデータにどのプログラムに渡すデータなのかという情報を付け加えて次のネットワーク層に受け渡す役割。

データがちゃんと届かなかった場合は再送のリクエストを送信しデータを送り直すこともやる。

ネットワーク層

トランスポート層から受け取ったデータに宛先のコンピュータの情報を付け加えて次のリンク層へデータを渡す。

この部分をルーターが役割を担う。

リンク層

ネットワークアダプタに合わせたデータ送受信を行う。ネットワークを介して接続されているハードウェア間でのデータのやりとりを担当する。